私達の使命

謙虚にして驕らず、さらに努力を

世の中の景気が良くなり一般企業の求人が増えるにつれ、専門学校や大学で思いをもって介護や社会福祉を志して勉強した学生さんが初心を忘れ、一般企業や事務職に流れていきます。非常に残念でなりません。
我々介護に携わる者たちの姿勢や施設運営がもっと学生にとって魅力あるものに変えていかなければなりません。
3Kの仕事と揶揄され、学生が実習に行く先々で学校の講義(理想)と施設の現状(現実)とのギャップに驚かされると聞きます。
それは大規模施設で職員は一生懸命なのですが、第三者から見ると大人数を効率よく短時間で流れ作業のごとく介護し、とても魅力がある職業に見えないのです。仕方ないでは済まされません。
介護にお困りの高齢者の役に立ちたかった、病院から退院した高齢者、呆けてきてしまって家族に阻害されている高齢者と関わる中で元気になってきた、歩けるようになった、喜んでくれたなど、人様の為・社会の為に役立つ仕事がしたいという同じような志を持った人達と、言わば「心のステージの高い人たち」と一緒に、納得できる仕事がしたいのです。
介護という仕事は、きれいな仕事だけではありません、ほとんどが家事支援の仕事です。単純で誰にでもできる仕事に見えがちですが、もちろん三大介護は大事でしっかりできなければなりません。
実は人間関係を築くことが大切な仕事だと皆に伝えています。利用者とそのご家族と担当ケアマネージャーと人間関係を築けることがいい介護につながるのです。
人間関係を築き、利用者が喜んでくれたり、元気になったりすることを我が事のように喜べる仕事、やりがいを感じれる仕事です。
「人の生き方」としては正に次元の高い、ステージの高い生き方、仕事ではないでしょうか?
認知症状によっては意思疎通を図ることすらも、難しいケースもあります。そのような状況でも職員は、損得抜きに高齢者への思いやり・やさしさ・利他の心をもって安心して暮らしてもらいたい、と親身になって関っています。
介護が必要な高齢者が少しでも幸せを感じて暮らして欲しい、その為にどんな苦労もいとわず「使命感」を持って働いてくれる後ろ姿に手を合わせて“ありがとう”と伝えたいと思います。
介護対象の高齢者が元気になる、歩けなかった人が歩けるようになる、食べれなかった人が食べれるようになる等、真に人に尽くして元気になることを我が事のように喜び合える仕事です。
利他の心と表現しても良いかもしれません。だからこそ胸を張って堂々とプライドをもって働いて欲しいのです。

感謝・感動・感激な仕事に、さらに「尊敬」される憧れの職業にしたい

介護という仕事はたくさんある職種の中でも、人間関係を築きながら信頼関係を深めていく仕事、きわめて人間臭い仕事であり、対応力を磨く創造的・クリエイティブな仕事です。
対象としている高齢者は、脳梗塞による四肢麻痺や障害、脳血管性認知症、アルツハイマー病、老年性うつ病、癌などの特定疾病や術後の体力低下で要介護認定を受けられた人たちです。 しかし、要介護認定を受けたと申しましても、決して特別な存在ではありません。きらくの郷では、残っている能力の維持やリハビリになると捉え、職員と一緒に家事仕事のお手伝いをお願いしています。その際、職員は高齢者のできた事を大いに褒め、感謝することで、高齢者は喜びを得、生活に意欲を持ち、イキイキと暮らすことができるようになります。