みなさん、こんにちは。
弊社は、お蔭様で今年で14年目を迎えます。時が経つのも早いもので滝沢市長根地区に築35年の空き民家を借り、真夏の8月3日に地域住民や同業者を招いて、「小規模デイサービスちえのわ」のささやかな開所祝いをしたあの日を昨日のように思い出します。

今から25年前、措置制度の時代、東京からUターン就職でたまたま勤めることになった高齢者施設で、社会福祉という職場に夢や希望を抱いていた当時の私は、初日からもろくも崩れ去りました。介護施設は今も、こんなに旧態依然として立ち遅れているのか?と愕然としたことを思い出します。就職の失敗を嘆いて逃げ出すのは簡単でしたが、世の中の施設はみんな同じような運営をしているのだろうか?と疑問に思ったことが、4年制の大学通信教育で学ぶきっかけになりました。

あれから24年経ちますが、まさか自分で立ち上げてこの仕事にどっぷり浸かり込むとは思いも及ばなかったことです。14年前に、勤めていた大規模施設の様ではなく、もっと高齢者と楽しい一日を過ごしたい、心を通わせ合った介護を、楽しめるデイサービスを運営したいと雇用した従業員と燃えるような思いをもって運営してまいりました。創業から私は一貫して、どうせ同じことをやるなら「高齢者の喜ぶ介護を通じて、ともに免疫力を高めよう」と介護方針を掲げ、職員も楽しくモチベーションを高められる運営をしようとこの方針を大事にし、事あるごとにその意味するところを噛み砕いて話してきました。今では私の天職と公言できるほど、楽しくやりがいのある、人様に貢献し感謝される誇りのもてる仕事となりました。

『志あるものは、事ついになる』一見すると困難なことのように見えても、志を曲げることなく固い信念を以って、コツコツ継続して事に当たれば、ついには実現されるという意味だそうですが、事を少しばかり成せてきたところです。
また、『志定まれば、気盛んなり』人は目標が決まれば、意気が高まり、その実現に向けて全力を尽くすことができます。どのような障害にも立ち向かって、志を実現できるという意味だそうですが、まさに、生きていれば様々な試練や残念に思うことがたくさんありますが、しかし、目標が定まり心が定まれば後は何も恐れることはありません。「人として正しい思いを持ち、正しい行いをする」心を磨く努力、高める努力を怠ることなく強烈な思い、願いをもって突き進むことで、必ず成功することを確信しています。
平成29年4月1日、弊社が運営する「生活リハビリ訓練 かがやき」を岩手や日本のブランドにし、今後も人や社会により多く貢献することをお誓い申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。


生きること働くことに目標が持てないでいる若い方、弊社は小さな法人ですが、夢と事業運営では自信をもっています。良い職員を育成し、善い介護運営を展開し、日本社会に大きく貢献してまいります。人が生きる上で、自分が食べるだけに安住していては、自己実現・自己確認ができません。世のため人のためになることを果たせて、初めて人として自信と誇りをもって生きることができるのです。あなたの活躍するポストはたくさんできます、世のため人のために貢献できる仕事を一緒にやってみませんか?学卒や資格を気にすることはありません、やる気と熱意さえあればこれからいくらでも、働きながら勉強や資格を取ることができます。求人情報参照ください。介護法人の発展は、働く職員をいかに育てるかに尽きます。弊社は職員を大切にします。それは甘やかすことではなく自立した人間、自分で考え創意工夫ができる職員になるよう育成します。そのような人財を育成するために、ビジョン実現型人事評価制度を運用し、従業員を「人財」に育てる仕組みづくりをしています。



ちえのわ福祉会株式会社

代表取締役   釜石 進


経歴
釜石 進(かまいし すすむ)
生年月日:昭和37年4月13日
出 身 地:岩手県一戸町
出 身 校:千葉県立船橋高等学校、佛教大学社会福祉学科卒
尊敬する人:稲盛和夫(京セラ・KDDI創業者・盛和塾塾長)